紙を使って楽しむ
紙を愛し、紙を楽しみ、紙の未来を考えるスペース 日本紙文化 京都楽紙舘

紙は日本の心と姿を1500年もの間、静かに映しつづけ、ときどきの文化と生活に深く関わってきました。特に日本文化の拠点、京都の中で培われた紙には、先人の創意と技と魂の輝きが秘められています。
-日本の紙文化-人の心が微妙に共鳴しながら完成された紙だけがもつ美の世界―。心のひだにしみ入るような、ほのか安らぎをはこぶ紙の魅力。そのすべてを多くの人々に、ご覧いただきたいという願いから生まれたのが、紙の店「楽紙舘」です。紙を愛し、紙を楽しみ、紙の未来をご一緒に考えるためのいわば紙と人との対話がひびくスペースに育てていきたいと思います。時を惜しまず手をかけ、心を込めて紙の世界とその魅力を、いつでもご覧いただける紙の小さな博物館が楽紙舘です。

楽紙舘 館主 上村芳蔵

上村紙株式会社 社長 上村芳弘

-日本の紙文化- 京都 楽紙舘 (らくしかん)

所在地

〒604-8183

京都市中京区三条高倉 京都文化博物館1F

開館時間10:00〜19:00
休館日毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
お問合せTEL : 075(251)0078
URLhttp://www.bunpaku.or.jp/
アクセス京都地下鉄烏丸線・東西線烏丸御池駅下車 徒歩5分
取扱品目和紙・洋紙・和紙小物・書籍

地図

アクセスマップPDF(86KB)

会社概要
会社名上村紙株式会社
所在地京都市下京区六条通烏丸東入仏具屋町164
代表者代表取締役社長 上村芳弘
創業明治45年5月(法人改組 昭和34年8月)
資本金1250万円
(c)RAKUSHIKAN All rights reserved.