紙を使って楽しむ

京舞妓 あぶらとり紙 桜

古来よりの京の都の社寺を彩る金箔。その箔打ち紙があぶらとり紙として重用されてきました。お肌の抗菌、健康、清潔を心がけ、金箔の打紙と同様に自然の素材を昔ながらの技法を生かして造りました。お肌に優しく脂や汚れをとり、お化粧くずれを防ぎます。ちょっとしたプレゼントにも最適です。

(c)RAKUSHIKAN All rights reserved.